遺伝性血管性浮腫(HAE)プロフェッショナル - 腫れ・腹痛ナビ-PRO【医療従事者向け】
メールマガジン登録
ガイドライン
患者さん向けの
情報はこちら
ガイドライン

ガイドライン

日本におけるガイドライン

わが国では、日本補体学会から「遺伝性血管性浮腫(HAE)ガイドライン」が出されています。
そのほか、日本皮膚科学会より発表されている「蕁麻疹診療ガイドライン」の中に、HAEについて触れられています。

■ 日本補体学会 遺伝性血管性浮腫 (HAE) ガイドライン 改訂2014 年版(2014年発行)

■ 日本皮膚科学会 蕁麻疹診療ガイドライン(2011年発行)
 p.1365【CQ24】遺伝性血管性浮腫の急性発作にC1-INH の点滴静注は有効か
 p.1387【8-4】遺伝性血管性浮腫の急性発作に対するC1-INH による治療
⇒詳細は日本皮膚科学会

国際ガイドライン

World Allergy Organization(WAO)HAE International Allianceが作成した、HAE診療のための最初の国際ガイドラインをご紹介します。

■ 世界アレルギー機構 WAO Guideline for the Management of Hereditary Angioedema(遺伝性血管性浮腫診療のためのWAOガイドライン)(2012年発行)

日本語版はこちら
英語版はこちら
※注意:本邦未承認薬の情報が含まれています。