遺伝性血管性浮腫(HAE)プロフェッショナル - 腫れ・腹痛ナビ-PRO【医療従事者向け】
ファミリーテストについて メールマガジン登録
治療
患者さん向けの
情報はこちら
患者向けアプリ「HAEノート」
HAEの治療

HAEの治療

監修:九州大学病院別府病院 病院長 堀内 孝彦先生

HAE治療の概要

遺伝性血管性浮腫(HAE)と診断がつかず、苦しまれている患者さんの中には、最適でない薬物治療や不要な開腹手術が行われてしまうケースもあります。しかし、HAEはきちんと診断がつけば有効な治療を受けることができる疾患です。 HAEの治療は、大きく次の3つに分けられます:

  • 急性発作に対するオンデマンド(要時)治療
  • 短期予防:歯科治療、分娩、小外科手術などの実施前に行い、血管性浮腫の出現を防ぐ治療
  • 長期予防:確定診断されたHAE患者が定期的に薬剤を使用し、血管性浮腫の出現を防ぐ治療

■急性発作に対するオンデマンド(要時)治療

HAEの血管性浮腫はアレルギー性やアナフィラキシー性の血管性浮腫と違い、抗ヒスタミン薬やステロイド薬は効果がありません。エピネフリンも多くの場合無効とされています。現在、HAEの急性発作治療薬として国内で承認されている薬剤は、選択的ブラジキニンB2受容体ブロッカーとC1-INH製剤の2種類のみです。急性発作で、喉頭浮腫、顔や頸部の浮腫または腹部症状が認められる場合は、このいずれかが選択されます。

各薬剤の主な特徴は次の通りです。

薬剤 特徴
選択的
ブラジキニン
B2受容体
ブロッカー
  • HAEの急性発作治療薬として、国内では28年ぶりに承認された新しい作用機序の薬剤
  • HAEの急性発作の原因であるブラジキニンの作用を直接的に阻害する唯一の治療薬
  • ブラジキニンのブラジキニンB2受容体への結合を選択的かつ競合的に阻害し、血管拡張や血管透過性亢進を抑制する皮下投与製剤
  • 非タンパク質性アミノ酸を含む合成デカペプチド製剤
  • 国内第Ⅲ相臨床試験において,発作部位にかかわらず8例全例が追加投与の必要なく、単回投与のみで対処可能であった1
  • 発作発現から1時間未満に投与した場合、1時間以上経過後に投与した場合と比べ、発作持続時間が優位に短縮2
  • 海外第Ⅲ相臨床試験、国内第Ⅲ相臨床試験において死亡および重篤な有害事象は認められなかった。
  • HAE治療薬として唯一の皮下投与によるプレフィルドシリンジ製剤であり、速やかな治療が可能。
  • 重大な副作用は、重篤な過敏症(頻度不明)
C1-INH製剤4,5
  • HAEの急性発作治療薬として、国内で最初に承認された薬剤
  • C1-INH欠損/機能不全を補うための補充療法として使用する静脈内投与製剤
  • C1-INH製剤は特定生物由来製品(ヒト血液を原料として製剤化したもの)であるため、十分なインフォームドコンセントが必要(感染症のリスク)
  • 重大な副作用は、ショック、アナフィラキシー(頻度不明)
  • 医療機関での投与が必要
  • 凍結乾燥製剤であり、溶解液で用時溶解が必要

喉頭浮腫を含むあらゆるHAEの発作に対しては、C1-INH製剤または選択的ブラジキニンB2受容体ブロッカーの投与が基本であると、WAO/EAACIによるHAEガイドライン2017では推奨されています3,4。喉頭浮腫により、かすれ声や呼吸困難などの症状を認めた場合は、必要に応じて、まず気道確保を行ったのちこれらの製剤を投与します。既述の通り、抗ヒスタミン薬、ステロイド薬、エピネフリンは効果がありません。

妊婦および小児に対する治療5-8

C1-INH製剤、選択的ブラジキニンB2受容体ブロッカーともに、妊婦に対する安全性は確立されていないため、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与することとされています。また小児については、低出生体重児、新生児、乳児等については安全性が確認されていません(詳細は各製剤の添付文書、インタビューフォームをご参照ください)。

短期予防5,7-8

2018年11月現在、短期予防に使用可能な薬剤として、国内で承認されているのはC1-INH製剤です。
ただし、歯科治療、出産、手術など侵襲を伴う処置による急性発作の発症抑制の場合に限られます。

長期予防7-8

2018年11月現在、長期予防に使用可能な薬剤は国内で承認されていません。

1
秀 道広ら. アレルギー. 2018; 67: 139-47
2
Maurer M, et al. PLoS One. 2013; 8: e53773
3
Maurer M, et al: World Allergy Organ J. 2018; 11(5): 1-20
4
Maurer M, et al: Allergy. 2018; 73(8); 1579-1608
5
ベリナート®P注静注用500 添付文書
6
フィラジル®皮下注30mgシリンジ添付文書
7
一般社団法人日本補体学会HAEガイドライン 改訂2014年版補体2014; 51(2): 24-30
(http://square.umin.ac.jp/compl/HAE/HAEGuideline2014.html)
8
大澤 勲 編,難病 遺伝性血管性浮腫HAE,医薬ジャーナル社,2016,p59-65